ALSOK東京株式会社 女性活躍推進法に基づく行動計画

下線

女性が仕事と子育てを両立させることができ、かつ社員全員が働きやすい環境を作ることによって、その能力を十分に発揮できるようするため、次のとおり行動計画を策定する。



1 計画期間

平成28年4月1日から令和3年3月31日までの5年間

2 当社の課題

(1)長年、警備業としての顧客ニーズに応えるため、男性社員の割合を多く採用してきた。その後、顧客ニーズの多様化に併せ10年程前から女性社員の割合を増やし在籍人数は倍増 したが、全社員に対する割合は10%程度 に留まっている。このため、平均勤続年数が短いことに繋がっている。

(2)育児休職の取得率について、女性・男性共に全産業平均を上回っているものの、係長級以上の女性社員の割合が低い。

(3)上記課題、管理職・監督職の残業時間が、それ以外の社員と比較して9%程度多いことが影響している。解消するため、管理・監督に要する各種事務が効率的に処理できる環境・仕組みづくりが必要。

3 目標、取組内容および実施時期

目標1:女性の平均勤続年数を6年以上にする。

<取り組み内容>

平成28年 4月~  結婚、出産、育児等のライフイベントとキャリア形成を両

立させる上での課題の抽出、解消策の案出を行う検討チームを結成・運営する。

平成29年 4月~  社内組織・規程等の整備を各部署において実施する。

平成29年 4月~  在宅勤務の実施に向けた検討を実施する。

平成29年10月~  運用上の不整合を検証し、課題の抽出・解消策の案出を行う。

目標2:係長級以上の女性役職者を2倍の6名とする。

<取り組み内容>

平成28年 4月~ 昇任試験・人事管理制度の見直しを図る。

平成28年 4月~ 管理・監督に要する各種事務のうち、システム化等により効率化

可能なものをリストアップし課題抽出を図る。

平成28年10月~ 解消可能なシステムをピックアップし比較する。

平成29年 4月~ 必要な規程・マニュアル等の改正を図る。

平成30年 4月~ システム導入に向けた検討を開始する。

平成31年 4月~ システムを活用した人事管理制度の運用を開始する。

〇女性の活躍に関する情報公表

No.項目正社員嘱託員雇員
男性女性男性女性男性女性
1採用した労働者に占める
女性労働者の割合
(2019.4~2020.3)
59.4%40.6%100%0%
3労働者に占める女性労働
者の割合
(2020.4)
85.0%15.0%89.5%10.5%89.7%10.3%
4男女別の育児休業取率
(2020.4)
0%100%
5管理職に占める女性労働
者の割合
(2020.4)
3.1%(4名)
6係長級に占める女性労働
者の割合
(2020.4)
13%(9名)
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。様々なシーンに合わせ柔軟なプランをご提案させていただきます。

メールフォームでのお問い合わせ

メールフォームで問い合わせる

資料請求はメールフォームよりお願いいたします。

お電話でのお問い合わせ

警備サービス・セキュリティ商品に関するお電話
03-6364-0993
その他のお電話
03-6364-0990

FAXでのお問い合わせ 03-6364-0994